1. HOME
  2. ブログ
  3. 災害時に備えたい防災用品としてのソーラーパフ

災害時に備えたい防災用品としてのソーラーパフ

災害時に必要なものベスト3とは?

関西方面の大型台風に間髪入れず北海道の地震。

自然災害が他人事ではなくなっています。

自分が被災しなくても家族や知人など災害の影響を受けた人がきっと周りにいることでしょう。

テレビで言ってましたが、災害時にコンビニに買いにいくのは、水、懐中電灯、乾電池がベスト3だそうです。

災害備蓄品として意外に後回しにされがちな「灯」ですが、停電で真っ暗い夜を過ごした経験のある方はそれがどんなに心細くて不安で長い時間か実感されていると思います。ましては一人過ごさないといけない真っ暗い夜など想像しただ
けで本当にぞっといます。。。

ソーラーパフを普段から使って普段から充電しておけば、停電の真っ暗で不安な夜もほっとした気持ちになります。

大阪でも北海道でも、ソーラーパフがあって良かったー!大活躍しました!とたくさんのお客様からお声を頂きました。

必要な時に必要な人に使って頂けたことがとてもうれしいです。

防災品としてソーラーパフをおススメする理由

  1. 乾電池も電気もいらない(災害時には乾電池が売切れてしまいます!)
  2. 誰にでも使える(道具も力もいりません。さっと引っ張るだけ)
  3. どこでも使える(軽いのであっちへこっちへと楽々持ち運べます)
  4. 防水仕様(雨で濡れても大丈夫!)
  5. 普段から使えるデザイン(いつも使えるデザインだから万一の時にすぐ使える)

アルピニストの野口健さんは災害が起きる度、いの一番に被災地へ出かけて行き活動されています。北海道にもソーラーパフ114個を届けて頂きました。

被災されるのはお子さん、年配の方、体の不自由な方、様々な事情の方がおられます。どんな方でもカンタンに使えるソーラーパフがひとりでも多くの方の役に立つことが私達のミッションだと思っています。

関連記事